新入生特設ページ

新入生特設ページ

はじめに

新1年生のみなさん!大学合格&ご入学おめでとうございます!
長かった受験勉強も終わり、とうとう大学生活の始まりです!! 新しくはじまる大学生活がどのような感じになるのか、ワクワクしている人や何かと心配している人もいるでしょう。
サークルや部活動に入ったほうがいいのかな-? 入るとしたらどんなものがいいのかなー?
上記のような疑問を抱えている人に是非オススメしたいのが、名古屋工業大学ソーラーカー部です!!
それではソーラーカー部を説明していきます!!

こんな人におすすめ!!

ものづくりに興味がある人、あたらしいことに挑戦したい人、他の大学では出来ないことがしたい人
世界の舞台に興味がある人、ここまでで少しでも興味を持った人
目立ちたがり屋、人見知り、どんな人でも大丈夫!!

活動内容

ソーラーカーを製作するにあたって、おおまかに、
・マシン設計、部品製作やマシン組み立て等の作業をする機械担当
・マシンの動力、太陽光発電や配線等の作業をする電気担当
・HPを作ったりスポンサーと遣り取りをする広報担当
等いくつかの担当に分かれています。が、一人の担当は一つというわけではなく希望すればどの担当にもなれます。
主な作業内容を紹介します。

機械担当の作業

CAD 空力解析

(左)CADで設計 (右)マシンの性能を測る、空力解析

工場での作業 作業風景 作業風景

実際に作る! 部品作ったり、樹脂を塗ったり・・・

電気担当の作業

配線設計

配線作業

高等な部品 ピットでの作業

(左)マシンの状況が分かる機械を作ったり・・・

(右)ピットでマシンの状況を把握するのも電気担当の仕事です。

Q&Aコーナー

Q.どんなソーラーカー作っているの?

A. レース用のソーラーカーです。ミニカーのようなものではなく、ちゃんと人が運転していますよ!

Q. なんのレースに出ているの?

A. 主に毎年8月の第1週に開催される鈴鹿サーキットでの5時間耐久レースです。
また、新たな取り組みとして昨年度10月に、オーストラリアで2年に1度開催されている大規模な世界大会に初参戦しました!!
鈴鹿でレースができるのは名工大でソーラーカー部だけです!!正式名称は、「FIA ALTERNATIVE ENERGIEIES CUP ソーラーカーレース鈴鹿」で、近年では表彰台に上ることが出来、2014年にクラス準優勝、2015年にクラス3位という成績でした。
また、今年度10月ごろに開催されるオーストラリア約3000km縦断レースである「WSC2015(Bridgestone World Solar Challenge 2015)」に初参戦し見事完走しました。次回2017年に開催されるWSC2017にも続けて参戦しようと考えています。

Q.「電気・機械工学科」だけのジャンルなのでは・・・?

A. 決してそんなことはありません!! 学年学科問わず様々な学問が大切です!!
走行中にソーラーカーに積んでいるバッテリー残量や太陽光発電で得られた電力量を把握するためには、ソーラーカーと手元のパソコンとで通信して情報を送受信しなければなりません。
そのシステムを実現するためには、Java、PHPやJavaScriptなどのプログラミング言語を駆使する必要があります。「情報工学科」の方がいてくれるととても助かります。
また、そもそもソーラーカーを製作する上で、どのような材料を使って作り上げるのかといった時にやはり、材料自体の知識も必要になります。「生命・応用化学科」「物理工学科」の方がいてくれるとありがたいです。
さらに、実際に「もの」を作っても見た目が悪ければあまり良い「もの」とは言えません。「デザイン」に興味のある方も欲しいです。
このWebサイトもセンスの欠片もない生命・応用化学科と物理工学科の部員が作っているのでもっとかっこいいサイト作って欲しいですね(笑)

Q. 自分、完全素人なんですけど・・・

A. 大丈夫です。みんな何も知らない状態で入部します。それから先輩のお手伝いをしたり、教えを受けたりして、0から学んでいきます。

まとめ

ここまで読んでくれたあなた!入るか入らないかは置いておいてとりあえず部室(↓) に来て下さい!!
どんなことをやっているか百聞は一見にしかずです!!きっとここでしか出会えない事があります。

© 名古屋工業大学ソーラーカー部. All Rights Reserved.

名古屋工業大学ソーラーカー部