名古屋工業大学ソーラーカー部とは?

長い歴史

1992年にソーラーセルの研究をしていた電気情報工学科(当時)の梅野研究室の応用研究として立ち上がり、95年より部活動として活動を開始しました。 それ以来、マシン製作、チーム運営を学生自らの手で行っています。

活動目的・目標

  • 学内で得た知識や技術をモノづくりに応用
  • ソーラーカーを通じて省エネ技術を学ぶ
  • チーム運営、マシン製作を通じて人材育成を行う
  • を根幹に置きながら、
  • 毎年8月に開催されるソーラーカーレース鈴鹿にて優勝
  • 隔年開催のオーストラリア3000km縦断レースWSCにて世界優勝
  • を目標に日々励んでおります。

主な活動紹介

出場レース

ソーラーカーレース鈴鹿

毎年8月上旬に開催され、鈴鹿サーキットを走る5時間耐久レースとなっています。私たちは、世界規格のクラスであるFIA オリンピアクラスに出場しています。マシンの完成度だけではなく、 ドライバーの走り方や数時間先の天候の把握とソーラーカーらしい要素も含まれ、非常に難易度の高いソーラーカーレースとなっています。私たちは2014年以来、3年連続クラス入賞を果たしています。

World Solar Challenge

オーストラリア大陸をダーウィンからアデレードまで3022kmを縦断するレースです。世界各国から強豪のソーラーカーチームが集まり、世界最大級のソーラーカーレースとなっています。 私たちは、2015年大会に初出場し、見事完走することができました。今後は、さらに順位を上げ、世界の強豪と戦えるよう努力していきます。

その他

展示会等への出展

レース活動の他に、エコ技術などの展示会にも出展しています。
2013年は、曳山博物館と、チャリティーイベントの「Nagoya Walkathon」で展示をさせていただきました。 2014年には、「基礎造形学会名古屋大会」にて弊部の新マシンHorizon Zを展示させていただきました。
また、大学での学祭や新入生歓迎イベントにも参加しています。

組織紹介

組織構成

役職は、部長・副部長・会計・広報からなっています。マシン製作・運用には機械担当と電気担当に分かれています。主に学部1年~3年が主体となって活動しています。

メンバー

2年生

田中 宏樹 部長・電気担当(電気電子工学科2年)

石黒 雄大 副部長・機械担当(機械工学科2年)

1年生

川口 貴弘(生命応用化学科1年)

奥川 陽亮(電気機械工学科1年)

木村 勇介(電気機械工学科1年)

日比野 豪(電気機械工学科1年)

山下 裕真(電気機械工学科1年)

亀山 達矢(電気機械工学科1年)

藤井 元太(物理工学科1年)

林田 泰佳(電気機械工学科1年)

安田 将太郎(電気機械工学科1年)

和久田 悠真(電気機械工学科1年)

3年生

原田 直毅 機械担当(機械工学科3年)

井手 虹介 電気担当(電気電子工学科3年)

安宅 央貴 電気担当(電気電子工学科3年)