HorizonZ

2014からの主な改造項目

カラーリング変更

オレンジから青を基調としたマシンカラーに。

バスタブの縮小

WSC2015に最適化するため、バスタブを新規製作した。空力解析も多用し、シミュレーション上で最適解を導き出した。

ソーラーパネル貼り替え

世界最高クラスの太陽電池を搭載した。これにより、WSCでの3000kmの長距離レースでも十分に戦えるマシンとなった。

大会成績

ソーラーカーレース鈴鹿2017

オリンピアクラス3位・総合5位

ソーラーカーレース鈴鹿2016

オリンピアクラス準優勝・総合4位(過去最高)

World Solar Challenge 2015

3022km 完走 ChallengerClass 16位

ソーラーカーレース鈴鹿2015

オリンピアクラス3位・総合5位

2014年製作 HorizonZ

マシンスペック

マシン名

Horizon Z
「地平線の向こうまで走れるマシン」という願いが込められた「Horizon」
2年連続リタイアしての新マシン製作、もう「後がない」という意味でアルファベットの最後の文字「Z」を冠した。

寸法・重量

全長4500mm
全幅1800mm
全高1050mm
空車重量136kg

マシン素材

ボディ上部(アッパー):AFRP/デビニセル、CFRP/アラミドハニカム
ボディ下部(アンダー):CFRP/アラミドハニカム

大会成績

ソーラーカーレース鈴鹿2014

オリンピアクラス準優勝・総合5位

© 名古屋工業大学ソーラーカー部. All Rights Reserved.

名古屋工業大学ソーラーカー部